うちわのには暑さを緩和する以外の役割があります

うちわはもともと、夏の風物詩の一つ。

暑さを緩和するために風を送るための道具でしたが、現代はそのほかの役割がいくつかあります。

その一つが広告うちわ。

夏場になると、駅前や夏祭りなどのイベント会場などで配布されているうちわには、よくマンションなどの広告が載っていますよね。

チラシを配るより経費はかかりますが、受け取ってもらえる確率の高いため、広告効果の高いアイテムと言えるのではないでしょうか。

うちわ株式会社では、販促用のオリジナルうちわ印刷を受け付けています。

またうちわはジャニーズアイドルや韓流アーティストのイベントでもよく使われています。

その目的は主にアイドルやアーティストたちと触れ合うチャンスを作るため。

うちわにメッセージを書くことで、アーティストたちがそのメッセージに応えてくれるため、コンサートでは欠かせないアイテムとなっているのだとか。

このように、現代のうちわはいろいろな場面でそれぞれの使われ方をしています。

Comments are closed.